個人年金保険のデメリット

個人年金保険の人気RANKING

個人年金保険はメリットが多い一方、受取額が予想しにくい、諸費用がかかるなどのデメリットもあります。

個人年金保険TOP > デメリット

個人年金保険の主なデメリット

個人年金保険は確実に老後の資金を貯められる方法として高い注目を集めていますが、メリットが多い反面、いくつかのデメリットも存在します。

個人年金保険は、投資信託などの金融商品に比べるとリスクの少ない商品と言えますが、大事なお金を預けることに変わりはないので、メリットとともにデメリットもよく理解しておくようにしましょう。

ここでは個人年金保険の主なデメリットについて説明します。

受取額が予想しにくい

個人年金保険の多くは変額返金となっており、受取額は運用成績によって変動します。

そのため、将来受け取れる年金額が予想しにくく、老後の生活プランを立てにくいという欠点があります。

特に市場金利が上がったり、インフレが進んだりすると、リスク負担の可能性があります。

保険料が高額

保険料は保険会社によって異なりますが、変額年金の場合、契約時に高額な保険料を支払う必要があります。

中には月払いできる保険会社もあるので、まとまった資金が用意できない場合は分割払いできる保険会社を選ぶようにしましょう。

諸費用がかかる

個人年金保険では、積立資金とは別に、保健管理費用や資産運用費など、さまざまな諸費用がかかります。

また、基本年金額が一定額に満たない場合、契約管理や年金給付開始後の保健管理として、別途費用が必要になります。

破綻のリスク

変額返金保険の場合、保険会社が破綻すると、元本割れを起こし、一定の損害を受けるおそれがあります。

そのため、保険会社を選ぶ際は、大手の信頼ある会社を選択するのはもちろん、破綻した場合の保障について確認しておく必要があります。

解約控除の制限

個人年金保険に加入した後、一定期間以下で解約すると、解約控除として積立金から一定額を差し引かれる場合があります。

解約控除の有無や料率は商品によって異なるので、あらかじめ注意が必要です。

>アフラック公式

確定年金なので、確実に受け取れます 公的年金と合わせて充実した老後を
www.aflac.co.jp

東京海上日動あんしん生命公式

東京海上日動あんしん生命の資料請求 大好評、個人年金保険はこちら!
www.anshinlife-direct.jp

明治安田生命公式

お客さまのニーズやライフスタイルにあわせた生命保険の選び方については保険がわかるサイトをご覧ください
www.meijiyasuda.co.jp › 個人のお客さまへ

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)個人年金保険の比較ランキング※口コミでおすすめはコレ! All Rights Reserved.